Blue Leaf

作成日:

MacにSublime Text3をインストール・日本語化する方法

Macに「Sublime Text3」をインストールして日本語化したので、方法をメモ。

Sublime Text3のダウンロード

Sublime Text3のアイコン

OSX版をダウンロードしてインストール。

Package Controlのインストール

Sublime Text3のメニュー、Show Consoleに赤い枠
Sublime Textを起動したら、メニューの「View」>「Show Console」を選択。

Sublime Text3のコンソール画面
コンソールの画面。

上記のサイトから「Packege Contorol」のコードをコピーして、コンソールに貼り付けて「Enter」でインストール。

Packege Contorolのコードをコピーし、コンソールに貼り付ける操作を矢印で説明

Japanaizeパッケージのインストール

  1. 「Preferences」→「Package Control」を選択。
    Sublime Text3のメニュー、Package Controlに赤い枠
  2. 「Package Control: Install Package」を選択。
    Sublime Text3のPackage Controlの画面
  3. 「Japanize」とキーボードで入力、表示されたら選択してインストール。
    Package ControlでJapanizeと入力している画面

Japanizeをインストールするとメニューが日本語化されますが、このままでは中身が日本語化されていないので以下の作業を行います。

日本語化作業

  1. メニューの「基本設定」>「Browse Packages」を選択。
    /Users/ユーザー名/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/ がFinderで開きます。
  2. 「Japanizeフォルダ」と「Userフォルダ」があるので、ここに「Defaultフォルダ」を作成する。
    MacのFinderでJapanizeフォルダを開いている画面
  3. 「Japanizeフォルダ」内にある 「.jp」と付いているファイル を「Defaultフォルダ」へ移動する。
    Japanizeフォルダの中の、拡張子が.jpのファイルを選択している画面
    • Context.sublime-menu.jp
    • Indentation.sublime-menu.jp
    • Main.sublime-menu.jp
    • Side Bar Mount Point.sublime-menu.jp
    • Side Bar.sublime-menu.jp
    • Tab Context.sublime-menu.jp
  4. Defaultフォルダへコピーしたファイル名から、すべて「.jp」を取る。(拡張子を.jpから.sublime-menuに変更する)
    拡張子が.jpのファイルを、.sublime-menuの拡張子に変更した画面
  5. 「japanizeフォルダ内」にある「Main.sublime-menu」を「Userフォルダ」へコピーする。
  6. これで日本語化が完了。

Preferencesがグレーアウトして利用できない

Sublime Text3のメニューで、Preferencesがグレーアウトして選択できない状態の画面
メニューの「Sublime Text」>「Preferences」がグレーアウトして利用できなくなりますが、同じ項目がメニューの「基本設定」から利用できるようになっています。

Preferencesと基本設定の項目を並べて比較している画面

まとめ

日本語化はあっさりと完了して、色々なテーマやパッケージをインストールして楽しんでいます。

ただ、長いことMacで「CotEditor」を利用してきたので、Sublimeに慣れるには時間がかかりそうです。

CotEditorで半角・全角スペースを記号で表示している状態の画面

CotEditorの画面です、不可視文字(半角スペース、全角スペース、改行など)がSublimeでも同じように表示できればいいのですが・・・。

コードの整形にはSublimeの強力なパッケージを利用、最終的にCoteditorで確認という流れが私の中で安心して使えそうです。