iPhoneのアプリ復元の流れを、イジワルテストをして考察してみた

iOS9からiTunesでアプリ本体のバックアップができなくなった(転送されなくなった)ので、iPhoneの復元時にアプリの再インストールがどういう流れで行われるか、イジワルテストをしながら考察してみました。

結果から言うと、iPhoneの復元は凄く良くできていました。

アプリ本体とアプリが生成するデータは別々

ゲームであれば、ゲーム本体(.ipaファイル)とセーブデータなどのユーザデータは別。 Lineであれば、Line本体(.ipa)とトーク履歴やスタンプなどのユーザデータは別々になっています。

**一番重要なユーザデータのほうは、iPhoneのバックアップできちんとバックアップされています。

**iPhoneで購入した「iBooksや音楽のデータ」は、今までどおりバックアップ(転送)が可能です。

アプリ本体のバックアップとは

iOS9までは、iPhoneをMacやPCのiTunesに接続してバックアップすると、iPhoneで「購入した」・「アップデートした」アプリのバックアップ(転送)が可能でした。

アプリ本体とは、下記の画像のようなファイルです。

ipaファイル1

ipaファイル2

「.ipa」という拡張子がついたファイルです。

MacやPCの「iTunesフォルダ→iTunes Media→ Mobile Applications」に保管されています。

このアプリ本体を、iTunesからiPhoneへインストールすることもできます。

iPhoneから転送できなくなったがバックアップはできる

iPhoneからMacやPCのiTunesへ転送はできなくなりましたが、iTunesでアプリのダウンロードやアップデートは可能です。

なので今までどおり、「.ipa」ファイルをバックアップしておくことはできます。

バックアップしているといいことあるの?

いろいろ試してみて、持っている機器・回線・アプリなどの環境で、人によってバラバラの考えになるかなと思いました。

ただ、AppStoreからいなくなったアプリをインストールすることも可能です。

どういう復元の流れになるかテストしてみた

今まで(iOS8)はiPhoneをiTunesにバックアップをする時に、「新しく購入した」・「アップデートしたアプリ」もiTunesにバックアップ(転送)していたので、復元時に自動的にiTunesからiPhoneにアプリがインストールされていました。

iOS9でどういう動きをするかが下記です。

環境

試した環境は以下です、

  • iPhone6 Plus 64GB
  • iOS9.2.1
  • iTunes 12.3.2.35 (MacBook 12inch)
  • iPhoneとMacはケーブルで接続

準備

iPhoneバックアップ

iTunesで「iPhoneのバックアップを暗号化」をONにして実行。

いざ復元

iPhone復元

「iPhoneを復元」と「バックアップから復元」の2種類がありますが、今回は綺麗さっぱりiOSをダウンロードすることから始める「iPhoneを復元」を実行。

iPhone復元2

iPhone復元3

iPhone復元4

上記のiTunesの画面の時、iPhoneの画面は下記。

iPhone復元5

iPhone復元6

問題なくiOSのインストールが完了すると上の画面に、「新しいiPhoneとして使う」か「バックアップから復元して使う」かの選択。

もうすぐ春なので心機一転始めたい気持ちになりましたが、「バックアップから復元して使う」を選択。

一番最悪な意地悪パターンで記載

今回、数パターン試しました。

その中で、一番最悪な意地悪パターンを綴ります。

iPhone復元7

iPhone復元8

「バックアップから復元して使う」を実行すると、上の画像のように「バックアップから復元中」という表示が出ます。

Appの同期中

復元が完了すると、上の画像のように「APPの同期中」という画面になりました。

Appの同期中2

この時点でiPhoneの操作は可能です。

  • Touch IDの指紋情報は復元されない(そもそもバックアップしていない?)ようなので、再設定が必要。
  • パスコードの再設定。
  • 位置情報をON・OFFの設定。

聞かれるのは上の3点。他の設定(Wifiやメール、通話履歴、アラームなどなど)は全てきちんと復元されていました。

Appの同期中3

「こんにちは」を通過すると、この画面になりました。

この時に、

  • iPhoneの「WifiをOFF」「モバイルデータ通信をOFF」
  • Macの「WifiをOFF」
  • 光ファイバーのモデムの電源引き抜き

外の世界との通信を遮断してみました。

すると、5つのアプリが復元されました。

全部ではないけど、アプリがiTunesからインストールされている。

他は、iTunesでiPhoneと「同期するをON」にしているiBooksや音楽が復元(同期)されました。

そして5つのアプリを復元して、あとは「待機中」というまま動かないことに・・・。

Appの同期中4

と思ったら上記のようなアイコンの画面に・・・。

待てども反応がないので、iPhone再起動・Mac再起動、この電源OFFの時点で両者を繋いでいたケーブルは外しました。

Appの同期中4

起動した画面が上記。一部のアプリがいなくなりました・・・。

外の世界との通信再開。

Appの同期中5

WifiをONにすると、待機中のアプリの読み込みが自動で再開。

試しにパスドラを起動してみましたが、ちゃんと中断した時点のデータで戻っていました。

ただ、Lineはいなくなってしまっていたので、AppStoreでLineを指定してダウンロード・インストール。

Appの同期中6

インストールした時点で、復元前の未読数(画像で2の状態)が表示。

ログインパスワードの入力が必要でしたが、トーク履歴やスタンプ、設定などは元のまま復元されていました。

*今回のように変なことをしなければ、パスワードは必要なく元のまま復元されます。

他にも何個か、いなくなってしまったアプリがいたのでStoreからダウンロードしましたが、全部のアプリがデータの復元がされました。

他にも数パターン、復元のテストをしてみましたが、長くなるのでまとめます。

結果をまとめると

数パターン試した結果をまとめると、「iPhoneのアプリ復元の流れ」は以下のようになります。

iPhone復元9

1:上記の画面で、「バックアップから復元して使う」を実行し、「バックアップから復元中」という表示が完了した時点でiPhoneは使用できます。

iPhone復元10

iPhone復元11

この表示が完了したら使用可能。

この時点で、iPhoneの「各種設定(通話履歴やメール、写真含む)」と「アプリのユーザデータ」は復元されています。

無いのはアプリ本体(ipaファイル)です。

(他にも、iBookで購入した本、iTunesで購入した音楽はiTunesで同期か再ダウンロードが必要)

2:インストールしていたアプリと、「同じバージョン」か「新しいバージョン」がiTunesにある時は、iTunesからインストールされます。

存在しない時は、AppStoreからのダウンロードを始めます。

仮に、AppStoreから削除・iTunesにアプリ本体のバックアップ無しのアプリは、残念なが諦めるしかないと思います。

3:AppStoreからダウンロードできる環境にいない時、後でダウンロード・インストールしてもデータの復元はきちんとされます。

注意したいのは、モバイルデータ通信でアプリを購入・ダウンロードしている場合、復元が完了するとアプリのダウンロードが始まるので、思った以上に通信データを使用し、通信制限に引っかかる可能性があります。

4:アプリの再インストールが完了した時点で、表示がおかしい、なんか変、と言ってアプリをアンインストールするとユーザデータも一緒に削除されます。

(私の友人がやりました。iPad Airの買い替えで、復元したら表示が変だったので一度消してすぐにダウンロード・インストールしたのにデータが戻らないと慌てていました・・・)

この時は、再度復元しないとダメです。

iCloudだとどおなる?

パソコンを持っていない、iCloudでバックアップしている友人に復元を試してみてもらったら。

基本的には同じ動作、iTunesとの同期がなくなり、全てダウロードに変わります。

(データ通信はタダじゃないと、食事をご馳走することになりました・・・。凄くまっとうな意見。)

iTunesでバックアップしている人へのオススメ

購入した項目をダウンロード

MacやPCのiTunesの設定で、「購入した項目を自動的にダウンロード」の「App」をONにしておくと、購入したアプリが自動的にダウンロードされます。

アップデートはされないようですが、とりあえずはいいのかなと。

あとは、1か月に1回程度でAppをアップデートしていけば安心です。

これだと、最新バージョンのアプリがiTunesにバックアップされやすいので、何かあっても一気に大量にダウンロードすることはなくなると思います。

そして私の使い方・・・

アプリ本体(.ipsファイル)のバックアップはMacの中から全て消しました・・・。

約30GBの削減になりました・・・。

上でオススメと書きながら、自動ダウンロードもOFFに・・・。

光ファイバーの契約をしているので、常に最新のアプリをダウンロードすればいいかなと、大量ダウンロードも怖くない。

Storeから消えたアプリがあれば、そういうアプリだったんだなと思うことにします。

というのも、よく使うアプリは短い間隔でアップデートされるので、何かあって復元するときは、どのみちStoreからダウンロードするんだろうなと。

ユーザデータがしっかりバックアップ・復元されていれば、iTunesのバックアップの役目は果たされているなと思いました。

友人と話していて

  • データ通信はタダじゃない!のだから、後でダウンロードするの項目が欲しい。Wifiがなくて、モバイルデータ通信でアプリをダウンロードをONにしたままだと、まとめて大量のアプリのダウンロードがはじまる・・・。
  • 「バックアップボタンを押したらiPhoneの中身を丸々バックアップ、復元を押したら全てのデータを書き戻す」が一番分かりやすいんじゃないかなという話もありました。が、おかしな症状になった状態のバックアップだと、症状を引きずったり、新しい機種にした時に差異が取れないし、いろいろ考え抜いて今の仕組みに行き着いたのかと・・・。
  • 「タイムカプセルのようなバックアップ専用の機器を出す」・「そもそもiTunesでアプリ本体をバックアップできなくする」。ただでさえMacはiPhoneの母艦という人がいるのに、Macが売れなくなる・・・。

まとめ

色々試してみて、バックアップと復元の仕組みは凄く良くできていると思いました。

iTunes、iCloudにとりあえず任せておけば安心。

セキュリティの問題もあるかもしれないけど、可能であればアプリ本体とユーザデータを明確に分けて表示できると分かりやすくなりそうな気がしました。あとは、復元時に大量にアプリをダウンロードする必要があるのだけは問題だと思うので、何らかのフォローが欲しい・・・。

そして、iPodの誕生から脈々と続いているiTunesでのバックアップ。時代はとっくに音楽ファイルから、アプリにシフトしているので、そろそろiPhone専用のバックアップアプリが必要なはず。iTunesの呪縛から解き放ってほしいです。

今、iPhoneが凄くガラパゴスに感じます・・・。