Macのウインドウ整理・リサイズに便利なアプリ「Magnet」の使い方

Macで使用しているソフトウェアのウインドウを整理・リサイズしようとすると、ウインドウの四隅をドラッグして収縮させたり、黄色いボタンでDockの中にしまってみたり、緑色のボタンやタイトルバーをダブルクリックで最大化してみたりと、基本的な方法はすでにOSの基本機能で確立されていますが、でも思い通りの見やすい大きさにするのがなかなか難しい・・・。

バシッと瞬時に見やすい大きさしたい!そんな時があります。

そんな望み通りの大きさにウインドウを拡大縮小・整理できるアプリ「Magnet」。一言で言うと、Windowsのエアロスナップと同じことができるようになります。

Magnetの使い方

Magnetアイコン

アプリを起動するとメニューバーにアイコンが表示されます。

使い方は凄くシンプルです。

ウインドウをドラッグして画面の隅に持って行くだけで、任意の大きさに変更ができます。

最大化

ウインドウを画面上部に移動する操作

画面の上部にウインドウを移動すると、最大化されます。

最大化されたウインドウ

左半分の大きさ

ウインドウを画面の左端に移動する操作

画面の左端にウインドウを移動すると、左半分の大きさになります。

画面の左半分に表示されたウインドウ

画面の4分の1の大きさ

画面の左斜め上端にウインドウを移動する操作

画面の左斜め上の端にウインドウを移動すると、4分の1の大きさになります。

4分の1の大きさで表示されたウインドウ

他にも

画面の右端にウインドウを移動する操作

もちん、右半分であったり。

画面の右斜め下端にウインドウを移動する操作

右下の4分の1であったり、希望の大きさにできます。

画面中央で半分ずつの領域に表示された2つのウインドウ

2つのウインドウを綺麗に並べることも簡単にできます。

メニュー

この「Magnet」、できることもシンプルだしメニューもシンプルです。

メニュー項目一覧

ウインドウをドラッグしなくても、このメニューで希望の大きさを選択することも可能です。

キーボードショートカット設定項目

もちろん、キーボードショートカットも搭載!

まとめ

できることも、使い方も凄くシンプルなアプリです。

一度使うと、「もともとOSに標準搭載されている機能でしょう。」という感覚になります。

「Magnet」オススメです。