CSS・JS・HTMLを圧縮するのに便利なMacのアプリ「Minify」

CSS・JS・HTMLファイルをMinify・gzip圧縮するのに便利でシンプルなMac用アプリがあったのでメモ。アプリの名前はその名も「Minify」。

Minifyの使い方

20160301s1

アイコンが凄くシンプルです。

20160301s2

アプリを起動すると、画像のようなウインドウが開きます。あとは圧縮したい「.css」「.js」「.html」ファイルをドラッグするだけです。凄くシンプル。

便利に感じたところ

このアプリで便利だなと感じたところは、

  • Minify化する方法は、「webサービス」や「エディタのプラグイン」など数多くありますが、Macの中で動いて1つのアプリで3つのファイルに対応している。
  • Minify化に加えてgzip圧縮したファイルも一緒に出力してくれる。
  • フォルダを放り込めば、配下にある全ての「.css」「.js」「.html」ファイルを個別に圧縮してくれる。gzip圧縮するのに、スクリプトを組む必要はなくなります。
  • 複数の「css」「js」ファイルを一つにまとめてくれる。
  • 元のファイルはそのまま保持できる。

設定も細かくできる

gzip圧縮は必要無い、jsファイルを一つにまとめたい、などなどの設定も細かくできます。

cssの設定

20160301s3

cssファイルの設定画面です。

  • 1つのファイルに統合するかの有無
  • Minify化するかの有無
  • gzip圧縮するかの有無

が選択できます。

jsの設定

20160301s4

jsファイルの設定画面です。

  • 1つのファイルに統合するかの有無
  • Minify化するかの有無
  • gzip圧縮するかの有無

が選択できます。

htmlの設定

20160301s5

htmlファイルの設定画面です。

htmlはgzip圧縮の有無の選択のみです。(コメント削除や改行コード削除などの機能はありません)

まとめ

フォルダの配下にある全ての「htmlファイル」を個別にgzip圧縮するのにスクリプトを組んでいましたが、このアプリだとフォルダを放り込むだけなので凄く簡単・気持ちが楽になりました。cssファイルの圧縮も、以前はwebサービスを活用していましたが、今はこのアプリに統一をしています。

使い方も設定もシンプルなので、とりあえずファイルやフォルダを放り込めば機能が理解できると思います。

「Minify化」「gzip圧縮」「1ファイルに統合」という目的がハッキリしていれば、オススメなアプリです。