MVNOのIIJmio(みおふぉん)を使って4ヶ月の感想(SIMフリー iPhone6)

SIMフリーのiPhone6の販売が再開されたので、MVNOのIIJmio(みおふぉん)との組み合わせで4ヶ月使用してきた感想を書いてみたいと思います。

MVNOに移行したきっかけは?

2012年10月にSoftBankで契約したiPhone5の2年契約が2014年11月末で完了(25ヶ月目)となるので、インターネットで話題になっていたSIMフリー iPhone6とMVNOの組み合わせに移行をしました。

MVNOやSIMフリーって実際どうなの?と興味をもった事が大きなきっかけになりました。

なぜ、IIJmio(みおふぉん)に?

色々なMVNOの会社のホームページを見て比較したり、MVNOをすでに利用している方達のブログなどを見たりして、IIJmioのホームページが分かりやすく記載されていて、ブログでも「みおふぉん」が良いよという感想が多かったので。

困った時に情報の多さはありがたいと思い、IIJmioにしました。

申し込む前にした事は?

SIMフリーとMVNOを試してみたいという事がきっかけですが、やっぱりお金は大切。SoftBankでiPhone6に機種変更や、auやdocomoにMNP。他のSIMフリー機(中古品含む)や、MVNOなどを2年利用すると仮定して金額をExcelに打ち込み比較をしてみました。

*本体はiPhone6 Plus 64GB

↓2014年11月に試算した概算金額(applecareや留守番電話、事務手数料込み)です。税込や税別などごちゃごちゃしているので誤差は大きいです。

  • Softbankで機種変更(下取りキャンペーンを利用)して2年利用:概算 ¥196,800
  • AUにMNP(下取りやMNPキャンペーンを利用)して2年利用:概算 ¥173,000
  • IIJmio(みおふぉん)で2年利用(iPhone6はSIMフリーを一括購入):概算 ¥157,300

MNP申し込みからSIMカードが手元にくるまで

2014年11月19日:

  • 13時頃に、MNP予約番号を取得するためにSoftBankへ電話。口頭で予約番号を教えてもらえますが、電話が終わってすぐにメールでも予約番号が送られてきました。予約番号がとれたら、パソコンでインターネットからIIJmioへ申し込み。
  • 14時頃に契約申し込み・本人確認の免許証の画像をアップロード。
  • 18時頃に「本人確認完了」のメールを受信。22時頃に「MNP転入による電話番号停止予定のお知らせ」というメールを受信。(数時間から1日以内程度でSoftBankの電波が停止するとの記載)

2014年11月20日:

  • 11時頃にSoftBankの電波停止、iPhone5が圏外に。

2014年11月21日:

  • 6時頃に「 IIJmioサービス ご利用開始日確定のお知らせ」というメールを受信。(SIMカードのお届け予定日と、宅急便の荷物伝票番号が記載されています)
  • 9時頃に、ヤマト運輸でSIMカード到着。

*宅急便の受取のタイミングによるかと思いますが、電波が停止してからSIMカードが届くまで24時間もかからなかったのには驚きました。(2〜3日は携帯が使えないかなと思っていたので・・・)

*要所要所でメールを送信してくれるので、契約がどこまで進んでいるかが分かり安心できました。

20150331-2s1

20150331-2s2

20150331-2s3

IIJmio(みおふぉん)を実際に使用してみての感想は?

通信速度

SoftBankの時と変わらず快適です。

約4ヶ月、ラッシュの混雑した電車の中や地下鉄・人の多いイベント・人里離れた場所など色々な所で使用していますが、特に遅いなと感じた事はありません。(最初の頃はSpeedtestで速度を測っていましたが、体感的に遅く感じないなら計測をしても意味がないと思ってやめてしまいました)

通話

docomoの設備のおかげなのか、SoftBankの時よりも良くなった気がします。

SoftBankの時は、ザラついた音で相手の方の声が小さいと聞き取りづらい時が時々ありましたが、みおふぉんにしてからザラついて聞き取りづらいという事がほとんど無くなりました。SoftBankで混雑した場所で電話をしようとすると、呼び出し音がなるまでに空白の時間が数十秒とかありましたが、みおふぉんにしてから気持ち待つ程度に短縮した気がします。

同じキャリア同士での通話無料がなくなったので、電話をかけるまえに30秒20円と一呼吸置くようになりました。

電波

SoftBankの時は、アンテナが立っていて(1本とか)電波をひろっているはずなのに、通信ができない・通話ができないということが度々ありました。みおふぉんにしてからはほとんど気にならなくなりました(切れないように土俵際で踏ん張っている感じです)。

人里離れた場所に行った時は、圧倒的にみおふぉんのほうが良かったです。

*IIJmio(みおふぉん)というよりも、SoftBankとdocomoの設備の違いのような感想になってしまいました。

*外出時の携帯の使用は、LINEやGメールや電話で連絡のやり取り・ブラウザ(Safari)でのインターネット巡回・乗り換えアプリやGoogleマップなの使用がほとんどです。ゲームはやっていないです。(アプリのダウンロードや、動画や音楽の視聴などは自宅のインターネット回線を利用)

良かったところ、不満なところ、気になったところ

SoftBankからIIJmio(みおふぉん)に移行してみて良かったなと思う点は、電波が良くなったように感じる!通話の音が綺麗!になったところの2点。

不満な点は、請求金額がわかりにくいの1点。基本料金は末締めで翌月に請求、通話料金は末締めで翌々月に請求。クレジット会社からの引き落としのときに、ソフトバンクは利用明細に「ソフトバンクM(何月分)」の記載。IIJmioは「インターネットイニシアティブ」の記載。(これはクレッジット会社によるんでしょうか・・・)

キャリアのメールが使えないので、メールアドレスを交換する際に躊躇するようになりました。相手の方が、迷惑メール設定でPCメールを弾いていたら・・・。のせいか、SMS(ショートメッセージ)をよく使うようになりました・・・。

金額はどおなった?

iPhone6を高額で一括購入したりして比較がしづらいので、IIjmioの請求金額を記載。

期間請求金額(税込)
2014年11月3,815円(契約手数料込み)
2014年12月1,752円
2015年1月2,896円(通話料金が約1,000円かかっています)
2015年2月1,730円

まとめ

長くなりましたが最後にまとめを。

初めてのMVNOでIIJmioを使用を経験しましたが、最初こそMVNOのSIMだという意識をもっていましたが、何も問題なく使えるので今ではMVNOという言葉も忘れてしまっています。唯一、メールアドレスの交換や通話時に料金(30秒20円)を気にするようになった程度です。

留守番電話が使えるようになったり通信容量が増えたり、「みおふぉんダイアル」や「ファミリー通話割引」などのサービスもはじまるので、IIJmio頑張っているなと感じます。

インターネットの契約申し込みでも凄い速さでSIMカードが送られてきますが、契約の申し込みはインターネットではなく店頭でしたい!その場でSIMカードを発行して欲しい!という方にも、ビックカメラの店舗で「BIC SIMカウンター」というのがあるようです。

MVNOを検討されている方、IIJmioの「みおふぉん」をお勧めします。

余談

インターネットでは、MVNO!MVNO!安い!という言葉を良く見ますが、世間一般にはほとんど浸透していないと思います。友人などに聞いても、「安くなるっていうのは聞いたことがあるよ」という声がほとんど、SIMロックの話になると、何それ?という声ばかりです。

SoftBankショップに行って、iPhone5で日本通信のSIMが使えるか?と聞き、よく分からないと言われて対応が悪いという友人がいたりもします。

IIJmioと契約をした翌月に、妹もSoftBankで2年の契約満了月になったのですが、MNP・MVNO・1ヶ月に使える通信容量・SIMロック・キャリア間での通話無料・キャリアメールの話をしたところ、良く分からないというかチンぷんかんと言われたので、SoftBankでそのままiPhone6に機種変更しました。

もともと、SoftBankに不満があったわけではなかったので、MVNOのIIJmioに変えてココが凄い良かったと言えるところも特にないし、特別な不満もありません。(不満なく使えるというところが一番大切なんですよね、しょっちゅう圏外になってばかりの通信会社だったら不満爆発に・・・)

MVNOはどおなの?と聞いてくる友人には、「通信や通話の品質はまったく問題がないよ。通信がメインで通話はほとんどしない、docomoの携帯を利用しているか安いAndroidのSIMフリーのスマホを購入、ならIIjmioを検討する価値はあると思うよ。」と答えています。

3つのキャリアーに、MVNO。人によって携帯の使い方は様々だし、色々な意見を言う人もいれば使えればいいよという人もいると思います。個人的に、目的や使い方によって選択肢が増えるというのはありがたいことなので、今後も楽しみです。