Photos.app(写真.app)とiPhotoの比較

Mac OSX 10.10.3で搭載されたソフトウェア「Photos」と「iPhoto」違いを書きます。

iPhotoはいなくならない

10.10.3をインストールすると、DockにあるiPhotoがPhotosに置き換わります。アプリケーションフォルダの中に、iPhotoは残ったままになります。ライブラリがiPhotoとPhotosで別々なので、どちらかで編集や読み込みした画像は他方では反映されません。

20150409-1s16

iPhotoと比べると

Photosを触って色々な操作をしてみましたが、iPhotoとの違いはほとんどありません。iPhotoの名前がPhotosに変わって、見た目が少し変わった程度です。iPhoneでの写真の扱いに、iPhotoの機能が追加されたというほうが分かりやすいかもしれません。

個人的に、「年別→コレクション→モーメント」のブラウズの言葉が分かりにくいのが残念です。これはiPhoneでも同じですが・・・。コレクション・・・、モーメント・・・。

操作・表示の違い

操作・表示の違いを記載します。

iPhotoであったイベント表示

20150409-1s1

iPhoto

20150409-1s2

Photos

iPhotoで写真を取り込むと「日付ごとにイベント」が作られていましたが、Photosでは無くなりました。iPhotoで作成したイベントは、Photosではアルバムに変換され表示されています。Photosではイベントの表示は無くなりましたが、下記のようにアルバムを作成して一覧で表示すれば、iPhotoと同じような表示が可能です。

iPhotoと同じように日付毎のイベント(アルバム)を作ることもできます。

  1. 「写真を選択」して上部の「ファイル→新規アルバムを作成」で日付ごとにアルバムを作成。
  2. コレクション表示かモーメント表示の時に、右上に表示される「+」のアイコンから「アルバム」を作成。

iPhotoのようにイベント(アルバム)の一覧を表示したい時は、

  • 「ファイル→新規フォルダ」でフォルダを作成して、アルバムをフォルダの中に入れる。

フォルダを選択すればiPhotoのイベントと同じように表示できます。

20150409-1s17

Photosではイベントの自動分割は無くなりました

写真の表示の違い

20150409-1s3

20150409-1s4

iPhotoではイベント毎(日付など)でくくられた写真を、最初のイベントから最後のイベントまで全てズラーッと表示していましたが、PhotosではiPhoneのように「年別→コレクション→モーメント」という形になっています。

モーメントにすると、iPhotoの写真の表示と同じになります。

他の、ブラウズ項目は?

  • 人々は変わらないです。
  • スマートフォルダの機能も残っています。
  • 撮影地の項目がなくなって、「年別→コレクション→モーメント」の時に上部に撮影地が表示されます。表示されている地名をクリックすれば、地図に写真と枚数が表示されます。写真を選択して、情報を選択するとピンで撮影地が表示されますが、ウインドウが凄く小さいです。
  • 最近の項目は無くなりました。
  • 最後に読み込んだ項目は残っています。
  • ゴミ箱は、上部メニューの「ファイル→最近削除した項目」へ変わっています。
  • フラグの機能は無くなりました。(iPhotoでフラグをつけていた写真は、キーワードで「フラグ付き」となって、スマートフォルダでPhotosでは表示されています。)お気に入り(ハートマーク)に変わった?
  • レート(星で5段階)の設定は無くなりました。

写真の情報

20150409-1s5

20150409-1s6

あまり変わりませんが、視認性は良くなった気がします。別ウインドウで表示されます、レートの設定が無くなりました。

編集機能

iPhotoでできていたことは一通りできます。一つだけ、複数の写真を選択して編集ボタンを押すと、写真の比較ができましたが、Photosでは無くなりました。

クイック修正の違い

20150409-1s7

20150409-1s8

Photosで修正を選択すると、iPhotoのクイック修正に似た画面になります。iPhotoと同じ事ができます。

*赤目修正は、上部メニューの「表示→赤目コントロールを常に表示」を選択すると表示されます。

エフェクトの違い

20150409-1s9

20150409-1s10

Photosではフィルタという機能にまとめられています。

一部機能が「調整」という機能に移動していて「ライト」「カラー」「白黒」の項目(自動が手動で編集)になっています。

調整の違い

20150409-1s11

20150409-1s12

Photosでも、調整という機能があります。最初はヒストグラムが表示されないので、追加というボタンから項目を追加する必要があります。

各機能の「自動」の隣にある矢印をクリックすると、詳細な項目が表示されます。ライトだと、「露出」・「ハイライト」・「シャドウ」・「明るさ」・「コントラスト」・「ブラックポイント」を選択できるようになります。

機能はiPhotoよりも増えた気がしますが、慣れの問題なのか視認性が悪い気が・・・。

他の機能は?

ほとんど変わりがありません。

共有機能

メールやツイッターに写真を共有する機能は変わりがありません。

最上部のメニュー項目

20150409-1s13

20150409-1s14

iPhotoとほとんど変わりがありません。

キーワード、撮影地の管理

キーワードの管理は、「キーワードマネージャ」に変わりました。撮影地の管理は、無くなったようです。

ライブラリの切替え

上部メニューの「ファイル→ライブラリを切り替える」が無くなりました。キーボードの「option」キーを押しながらphotosを起動をすると、ライブラリの切替ができます。

ファイルの実態は?

iPhotoと同じように、取り込んだ写真は「写真 .photoslibrary」というパッケージの中に格納されます。パッケージの中の「Masters」というフォルダにオリジナルのファイルがあります。

まとめ

良くも悪くも、iPhotoとほぼ同じです。

カメラやiPhoneで撮影した画像を溜め込んでいって、ザーッと鑑賞したり、気軽に編集したりするには充分なソフトだと思います。iPhoneやiPadを使用している人は、何も問題なく使用できると思います。

iPhotoと比べると、ブラウズの「年別→コレクション→モーメント」がわかりにくい・・・。ブラウズ時の背景が白なので、写真がノッペリした印象に・・・。取り込んだ写真を自動でアルバムに分けてほしい・・・。

iPhotoは追加機能がほとんどなく、完成されてしまっていた感があったので、Photosでは今後新しい機能が追加されていってほしいなと切に願います。FinalCutやiMovieやiWorkの変更、iPhotoやApertureの廃止、そのうちLogicも大幅に変わるんじゃないかと思う時もありますが、Appleにはハードウェアでなくソフトウェアでもっとワクワクさせてほしいなと思います。

昨年のWWDCで発表されて楽しみにしていたPhotos、ココがスタート地点で今後が楽しみです。