iOS9から仕様変更でiTunesでiPhoneアプリ本体のバックアップができない

iPhoneを使い始めてからバックアップはiCloudではなく、iPhoneをMacに接続してiTunesでバックアップを取ってきました。iTunesで暗号化を有効にしてバックアップをすると、iPhoneの完全バックアップが取れると聞いたことがあるからです。

変だなぁと思い始めたのは、1週間ほど前にiOS9.1にアップデートしてからバックアップを取っていた時。いつもならバックアップの最後に、購入したりアップデートしたアプリのバックアップを取りますか?と聞いてくるのに、何もなく終了。iTunesやiPhoneの設定を見直してみたけど、設定が変わっているところもなく・・・。

迷った時はインターネットで検索が一番早いということで調べてみました。

答え:iOS9から仕様が変わってアプリのバックアップはできない

Appleのサイトに答えがズバリありました。iOS9から仕様が変わって、iPhone・iPadなどで購入・アップデートしたアプリをiTunesでバックアップ(転送は)はできなくなったみたいです。

Lineのトーク履歴、ゲームのセーブデータ、などのユーザーデータは今まで通りにiTunesにバックアップされます。iBooksやiTunesStoreで購入した商品のバックアップ(転送)も今までどおり可能です。

技術的な背景

なんとなく納得できないので、もう少し調べていると詳しい答えが見つかりました。

iOS9から実装された「App Thinning(:Slicing)」

iOS8までは一つのアプリの中に、iPhone(4s/5/5s/6など)とiPad(iPad/Air/miniなど)の両方のリソースを含んでいたけど、問題点としてアプリのサイズが肥大化してしまっていた。iOS9からは、アプリをダウンロードする機種に合わせてAppStore側で自動で最適化したアプリを提供してくれるようになったようです。

iPhoneで使用するのに、iPadで表示するためだけの画像などは必要ない。iPhone6で使用するのに、iPhone4や5で表示に必要な画像などは必要ない。ぶくぶく太ってしまったので、ダイエットしましょうということみたいですね。

メリットは、アプリの容量が小さくなるので通信回線にかかる負担が小さくなる。iPhoneの全体用量に対してアプリの保存が小さく済む。

まとめ

iOS9から実装された「App Thinning(:Slicing)」で、iPhoneやiPadの各機種向けに最適化されたアプリが提供されるようになったけど、iPhoneをiTunesに接続してもアプリのバックアップ(転送)はできなくなった。

推測:iPhoneとiPadを使用している・複数機種を利用している人の場合、iTunesで同じアプリを2個以上バックアップしないといけないので転送できなくしたんだと思います。

補足

それでもアプリのバックアップをしたい、購入したアプリがAppStoreから消されたら嫌だという時は下記でバックアップできます。

パソコンのiTunesで「App」を表示→購入した項目を選択→購入したアプリが表示されるのでダウンロード。(この時にダウンロードされるアプリは今まで通り、iPhoneとiPadの全てのリソースを含んでいるようです)

20151102s1

デメリット

何か問題があって復元する時に、iPhoneにインストールしてあったアプリを全てダウンロードし直すことになる。

最近購入したアプリで一番サイズが大きいのは、ドランゴンクスト7(約1.76GB)・・・。光ファイバーを契約しているので気にしていないけど、友達や知り合いには固定回線を契約していなくて、携帯キャリアの契約だけ(月に7GB)という人もいます。ココ最近、andoroiからiPhone6sに移行した知り合いが3人います。その内の一人は仕事が終わった後に一週間、ドトールに通って無料Wifiでアプリをダウンロードしたと言ってました。現場仕事で各地を転々としている友人は、Pocket Wifiでアプリをガンガン落としています。容量?細かいことはよく分からないそうです。

容量の大きいアプリをたくさんインストールされている方は、復元時の通信容量を気にしたほうがいいかもしれませんね・・・。iTunesでダウンロードしてバックアップしておくにも、iPhoneで購入→ダウンロード→パソコンのiTunesでダウンロードの二重になってしまい回線を圧迫。

各機種向けに最適化されたアプリでいいから、素直にiTunesでバックアップさせてくれればいいのですが・・・。